双眼鏡アダプター

僕は3Dデザイン以外に写真撮影にも興味があります。普段はスマホのカメラで写真取っていますが、やはり遠くに居る動物も撮影したいと思い、双眼鏡アダプターを作りました。一眼レフにレンズを付けるのと同じ用に双眼鏡をスマホに付けて、一時的に遠お良いものを撮影出来ます。スマホのカメラは人間の目と似ていて、双眼鏡を目に当てる距離はスマホと同じです。初めて作ったデザインは「右の写真」どのスマホにも使える双眼鏡アダプターです。でも常に画像がぶれて使いずらいので、自分のスマホ「Galaxy S7 edge」に合わせたデザインに作り替えました。失敗作のデザインに興味のある方はファイルを出しておきます。


Galaxy S7 edge に嵌める部分は上半身しか無いケースみたいな形です。双眼鏡にも種類が沢山有るので取り換え可能なネジで嵌まるデザインにしました。スマホに嵌めるケースとネジの部分の円筒、二つのパーツに分かれてます。別々にプリントしてから接着剤でくっ付けます。双眼鏡にくっ付けるパーツは 「コ」 の字に成っていて、双眼鏡の目に当てるゴムを取ってから水色のパーツを押し嵌め込みます。双眼鏡を付けたらこんな感じに写真が撮れました。

大学に入学してすぐ、学内の天文台で働くことになりました。毎週金曜日に一般公開されてる天文台で望遠鏡を使って夜空を一緒に観察し、夜空の説明をしています。この時に使用出来る望遠鏡アダプターも作ってみました。

これを使ってとても綺麗な月と星の写真が撮れました。アンドロメダ銀河とオリオン大星雲の写真も撮れました。この二つはシャッターを30秒開けたまま撮ったものです。もし望遠鏡アダプターが無かったら写真がブレて何も映らなかったでしょう。いつかはどのスマホにも使えるアダプターを作ってみたいです。この写真は二月に撮ったものです。寒い中撮影していたので手が凍え、スマホが手から落ちて画面を割っちゃいました。この次はスマホ対応出来る手袋を持参したいと思います。

二年前の夏、日本の東急ハンズで小さい望遠鏡を買いました。この望遠鏡に使用出来るアダプターも作る計画です。アダプター無しの写真も中々綺麗に撮れました。